マタイの福音書2章1~12節

「その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。それから
家に入り、母マリヤととともにいる幼子を見、ひれ伏して
礼拝した。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈
り物として献げた。」
               (マタイ2章10-11節 p.2)

序 論)マタイ福音書2章の前半は、主イエスの御誕生後、
しばらくして「東の方から」(1)(アラビヤ、ペルシャ等、
諸説あるがバビロンの辺りと考えられる)(現在のイラク地
域)星占いをする博士(学者)たちがエルサレムに来たこと
が述べられています。彼らは…

本 論)
「ユダヤ人の王」を求めた
 「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにお
られますか。…」(2)と博士たちは問いました。当時、ユ
ダヤの地を支配していていたヘロデ王(BC37年頃-BC4年)
はその言葉を聞いて不安を感じます。
 「ユダヤ人の王」は、やがてユダヤの国にお生まれにな
る救い主(キリスト)のことを意味していました。
 ヘロデは、政治的手腕はありましたが、純粋なユダヤ人
ではなく、王位が奪われるのを極度に恐れていました。そ
れで後に、幼子イエス様の命を奪おうとします。(16)
 また旧約聖書に精通していた律法学者たちは、救い主が
お生まれになる地がベツレヘムであることを知っていまし
た(4~6)(旧約聖書 ミカ書5章2節p.1586)が、
救い主を自らすすんで捜そうとはしませんでした。
 しかし、博士たちは、星に導かれて、1000キロメートル
以上離れた東方の地から、救い主にお会いしたい、礼拝し
たいと願ってユダヤの地までやって来ました。ドイツの神
学者シュライアマッハー(1768-1834)は、「この星は私たち
すべての心の中にある神への深いあこがれを表している、
私たちをも真の王に出会わさせてくださる星だ」と言って
います。
 私たちも、出会った人や、本や映画等、様々なことを通
して、聖書の言葉に触れ、イエス様とお出会いすることが
できました。それらは私たちにとって「キリストへの星、
導きの星」です。神様は、今も私たち一人ひとりに人生の
様々な出来事を通して働きかけられ、私たちをイエス様の
もとに導いて下さるのです。

2、イエス様を礼拝し、贈り物をささげた
 博士たちは、エルサレムで救い主はベツレヘムにお生ま
れになることを知り、そこに出かけました。(9)
 すると星が再び現れ、先立って進み、彼らを幼子のいる
場所に導きます。彼らはついにその目的地に着きました。
 (10)
 そこで、彼らは幼子イエス様の前にひざをかがめて,礼
拝しました。自分たちの真の王、救い主の前にひれ伏した
のです。そして、自分たちの持ってきた高価な宝物をささ
げました(11)。
 長い旅をしてきた彼らが求めていたのは、自分の個人的
な願いや理想を実現することではありませんでした。それ
は、自分が本当にひれ伏して、そのお方に身をささげる、
そういうお方を見出すことでした。彼らはそのお方に出会
い、自分を本当に正しく治め、導き、守り、支えて下さる
真の王の前にひざをかがめることができました。
 博士たちは、夢の中で、ヘロデのもとに戻らないように
神様から警告を受け、別の道を通って自分の国に帰りまし
た。(12)
 この後、幼子イエス様は、成長され、30歳のときから
公に宣教活動を始められました。
 しかし、ユダヤにおいて力を握っていた、王や祭司長や
律法学者たちは、「ユダヤ人の王」を恐れ続け、神の救い
を拒み、ついには、イエス様を十字架に追いやりました。
 本来は、やがて来られる救い主を意味する「ユダヤ人の
王」という言葉が、後に主イエスを尋問したり、侮辱した
りするときに用いられる言葉になってしまいます。
 (後にローマ総督ピラトが、イエス様に対して「あなた
がユダヤ人の王なのか」と尋問した。 マタイ27章11
節p.60)
  (ローマの兵士が「ユダヤ人の王様、万歳」と言って侮
辱する。  マタイ27章29節 p.61)
  (十字架の主イエスの頭上に掲げられた罪状書きには
「これはユダヤ人の王イエスである」と書かれていた。
          マタイ27章37節p62)

 主イエスが十字架にかかられたのは、ヘロデ王や宗教
指導者、総督ピラトやローマの兵士たちの言動に現わされ
た彼らの罪、そして私たちのすべての罪の罰を身代わりに
背負って、死なれ、その罪を赦し、罪のもたらす滅びから
私たちを救うためでした。
 十字架にかかられ、三日後に復活された主イエスは、
私たちの永遠の救い主です。イエス様と真にお出会いした
私たちは、イエス様をもう「ユダヤ人の王」とは呼びませ
ん。イエス様を信じ、心に受け入れ、人格的な交わりを持
つ者は、イエス様を「神の御子、救い主」と告白するので
す。そして、イエス様を礼拝する者とされます。

結 論) 聖書は「その星を見て、彼らはこの上もなく喜ん
だ。」(10)と語ります。本当にひれ伏し、礼拝すべき
方の
もとへと導かれるとき、私たちにも大きな喜びが与え

れます。
 クリスマスは、「キリスト礼拝」という意味です。
 東方から来た博士たちは異邦人の代表でもありました。
  (「東の方から」(1)は、「東」の原語には冠詞がついて
いない。東方の特定の地域ではなく、東に広がる異邦人世
界全体を意味している、というとらえ方もできる。)
 イエス様を神の御子、救い主と信じ、礼拝するとき、私
たちは御子イエス様を与えてくださった神様のご愛と恵み
を知り、本当の喜びと心の満たしが与えられるのです。
 主イエスを共に礼拝し、クリスマスをお祝いしましょう。
そして、私たちの人生の導き手である主と共に歩んでまい
りましょう。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク