使徒行伝8章1~25節

 ふたりはサマリヤに下って行って、みんなが聖霊を受けるようにと、彼らのために祈った。 それは、彼らはただ主イエスの名によってバプテスマを受けていただけで、聖霊はまだだれにも下っていなかったからである。そこで、ふたりが手を彼らの上においたところ、彼らは聖霊を受けた。       使徒行伝8章15-17節 (p.193)

序 論)ステパノの殉教(使徒7章54-60節)の後、エルサレムの教会に大迫害が起りました(1)。それによって使徒以外のイエス様の弟子たちはエルサレムを追われ、ユダヤとサマリヤの地方に散らされます(2)。ピリポがサマリヤ宣教に向かいます(5)。その後、サマリヤで起こった出来事は …

1. 信じて、洗礼を受ける人たちが起こされる
  ピリポは「食卓のこと」に奉仕するために選ばれた「7人」の1人でした(6章5節)。 サマリヤとユダヤは、かつてサマリヤが他国から侵略された歴史があり、その中で起こったことが原因によって数世紀に及ぶ反目を続けていました。(ヨハネ4章9節等) ピリポは、ステパノと同じように使徒ではありませんでしたが、サマリヤで福音を伝え多くの人を救いに導きます(5-8)。
  サマリヤの町に魔術師シモンがいました。彼は魔術によって人々を驚かせて人気を得ていました。自身を「偉い者」と称して、人々に信奉させていました。(9-11)
  一方、ピリポは、「神の国とイエス・キリストの名」について宣べ伝えました。そして、男性も女性も、多くの人たちが続々とバプテスマを受けました。(12) 彼は、人の栄誉ではなく、神の栄光のために宣べ伝えたのです。
  シモン自身もその様子を見、信じて洗礼を受けました。しかし、彼の関心はピリポが伝えた宣教の言葉ではなく、「数々のしるしやめざましい奇跡」にありました(13)。
  当時、シモンの魔術に人々が惑わされたように、現在でもいろいろな占いや偶像に惑わされている人たちがいます。かつての私たちもそうでした。
  しかし、今、私たちは、聖書を通し、福音を知ることにより、天地を創造された、神様を知り、救い主イエス様を知ることができます。そしてイエス様を信じることによって罪赦され、様々な偶像礼拝からも解放されるのです。

2.福音が世界中に伝えられる道が開かれた
  エルサレム教会はサマリヤ伝道の成果を聞き、使徒ペテロとヨハネを遣わします。(14)
イエス様を信じてバプテスマを受けたサマリヤの人々にはまだ聖霊が下っていませんでした(16)。ペテロとヨハネは彼らのために祈り(15)、手を彼らの上に置いたところ、彼らは聖霊を受けました。(17) 聖霊がサマリヤの人々に下ったことは、これからはユダヤだけでなく、福音が世界中に伝えられ、イエス様を信じる人は誰でも聖霊を受けることができる道が開かれたことを示しています。それは人の力ではなく、神様が成されたみわざでした。
  その様子をみていたシモンは聖霊をお金で得ようとします。(18-19) (後のsimony 聖職売買の罪の始まり) 彼は、聖霊を人間の力でコントロールできると誤解していました。また彼にとってはお金が偶像になっていました。彼はまだ貪欲の罪に支配されていたのです。彼の言動に人間の罪の姿が現されています。
  ペテロはシモンの罪を激しく叱責します(20-23)。神の言葉によって悔い改め、彼の心が正されなければ聖霊を受けることができません。彼はペテロにあわれみを求めます。(24)。彼は「この悪事を悔いて、主に祈れ。」(22)と言われたのに、自分で主に祈らず、「わたしのために主に祈って下さい」と頼んだだけでした(23)。
  彼は、ピリポの宣教によって福音に触れたのに、正しい信仰に立ち返ることができませんでした。
  この後、使徒たちは、さらにサマリヤ伝道を続けていきました。(25)

結 論) この後、使徒ペテロは、ローマ人コルネリオに福音を伝え、後に使徒となるサウロ(パウロ)はトルコ、ギリシャ、ローマに福音を伝えていきます。(使徒10章以降)
 今も世界中で福音が伝えられ、イエス様を信じる人たちが起こされ続けています。  イエス様を信じ、心に受け入れた人は誰でも罪赦され、 聖霊を内にいただくことができるのです。
 ペンテコステの日に、ペテロが人々に語った言葉、イエス様を信じ、洗礼を受ける者は「聖霊の賜物」(「賜物としての聖霊」(新改訳)(使徒行伝2章38節 p.182)を受けるという約束は今も変わりません。
 そして、イエス様が弟子たちとの最後の晩餐のときに語れた「わたしは父にお願いしよう。そうすれば父は別に 助け主(「聖霊」)を送って、いつまでもあなたがたと共に おらせて下さるであろう。」(ヨハネ14章16節p.164) の約束のみ言葉も、すでに現実となっています。
 イエス様を信じて、罪赦され、聖霊を内にいただく恵み、 聖霊によって、いつでもイエス様に近づき、交わりを持つ ことができる恵みを覚え、主に従ってまいりましょう。そ して聖霊の力をいただいて福音を証ししてまいりましょう。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク